1. HOME
  2. ブログ
  3. 第18回地球にやさしい中国茶交流会は、浜松町会場とオンラインのハイブリッド開催となります

第18回地球にやさしい中国茶交流会は、浜松町会場とオンラインのハイブリッド開催となります

2022年11月12日・13日(土・日)に開催を予定しております、第18回地球にやさしい中国茶交流会につきまして、ご案内申し上げます。

東京都立産業貿易センター・浜松町館にて開催予定の「第18回 地球にやさしい中国茶交流会」ですが、感染症の流行状況と特性を検討した結果、

○東京都立産業貿易センター・浜松町館でのティーマーケット(物販)開催
○YouTube Liveを利用したオンラインセミナー、オンラインティーマーケットなどのライブ配信番組

を同時並行で行う、ハイブリッド型のイベントとして開催いたします。

ライブ配信番組では、浜松町会場からティーマーケットの様子をレポートし、現場の熱気をお届けします。
また、浜松町会場でもライブ配信番組を大スクリーンで放映して視聴いただけるようにし、オンラインとオフラインを組み合わせた新しいイベントスタイルに挑戦します。

浜松町での開催は2014年の第10回以来、8年ぶりとなります。
地上40階建ての現代的な高層ビルとして生まれ変わった、天井の高さが5mと浅草会場の約1.7倍の天井高のある開放感のある会場です。

実会場開催での開催は3年ぶりとなりますが、これに向けては、

・通路幅の拡大とブース数削減(ソーシャルディスタンスの確保)
・時間帯での入場定員制の導入
(収容定員の上限50%に抑え、密を回避)
・事前の参加登録手続き(発熱、喉の痛み等の健康状態の申告)
・新しい試飲スタイルへのご協力(人混みの飛沫等から避けられるスペースで、黙飲スタイルによる少人数制の試飲)
・会場内でのマスク常時着用・手指の消毒へのご協力
(ご協力いただけない場合は、入場いただけません)

など、徹底した感染症対策を行って開催する予定です。
来場される方にも、様々なご協力をいただくことになるかと思いますが、お茶の愛好家がみんなで作り上げていくのが地球にやさしい中国茶交流会です。
安全に、心地よく会が運営できますよう、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

なお、残念ながら、

・会話と飲食が同時に行われる可能性の高い茶席
・狭い空間に長時間滞在し、試飲などが伴うセミナー
・交流ひろばのような参加者の自由な交流スペース
・会場内での飲食
(※管理された試飲スペースを除く。参加者の水分補給等は適宜可)

については、今年は実会場での開催を見送ります。
その代わり、一昨年、昨年同様に、YouTube Liveを用いて参加いただけるオンラインセミナー等を企画しております。
全国から無料で参加いただけ、アーカイブ視聴も1ヶ月程度できるようにしますので、こちらもぜひご期待ください!

詳細につきましては、決定次第、順次ご案内して参ります。
当WebサイトおよびTwitter、Facebookなどでチェックください。

なお、出店の一般募集につきましては、7月1日(金)より受付を開始する予定です。
出店要項等は6月下旬に別途発表いたしますので、出店にご関心のある店舗様は、もう少々お待ちください。

※今後の感染症の流行状況、他イベントでの状況などによっては、昨年同様のオンラインのみの開催になる可能性もございます。ご来場の皆様の健康を第一に考えて決断して参りますので、あらかじめご了承ください。

 

関連記事