ティーマーケット

【ショップ情報】焙茶工房しゃおしゃん

ショップ情報・第8弾は、東北・九州応援ブースへの参加となります、岩手県の焙茶工房しゃおしゃんさんです。

2011年から設けられた東北応援ブースにずっとご参加いただいており、地元の方々の思いとともにご出店を続けていただいています。


image1

岩手県雫石町から参ります、焙茶工房しゃおしゃんです。
今年も、応援ブースへ出店させていただきます。震災後の2011年以来、毎年応援ブースに出店させていただき、主催者の皆様、出店者の皆様、そして何よりもご来場のお客様に感謝いたします。
しゃおしゃんとしては、今年も、雲南省のお茶を中心に、お持ちしたいと思います。
当店では、2003年の開業以来、雲南省普洱市瀾滄ラフ族自治県の景邁の古茶樹のお茶(千年古茶と呼んでいます)を烘焙したものを販売しています。今回も、2002年春の晒青のものを中心にお持ちします。2002年のものは、茶樹に寄生するという「螃蟹脚」を比較的多く表面につけています。

image2

その他、烘焙した黒プーアールや、奈良の健一自然農園の烏龍茶などもお持ちします。
また、皆様からご支援いただいております、岩手県陸前高田市や大船渡市の「気仙茶」も、少量ですがお持ちします。おかげさまで、地域の中でも気仙茶への関心が少しずつ高まっており、「ずっと摘まないでいたけれど、今年摘んだよ」という方があったり、地元「北限の茶を守る気仙茶の会」の活動に新たに参加する方が増えたり、地元高校での実習など、広がりを見せています。主に自家用として作られ続けてきた気仙茶の文化を大切にしつつ、少しずつ広がることを願っています。

image3

試飲スペースを設けてゆっくり召し上がっていただきたいと思います。どうぞお越しください。

image4

焙茶工房しゃおしゃん

実行委員会より

しゃおしゃんさんは、陸前高田市などの気仙地方を中心に生産されている、北限のお茶・気仙茶(けせんちゃ)の活動で最近は知られていますが、元々は、独自の焙煎技術で焙煎したお茶を販売する、お茶の専門店です。
店主の前田さんは、中国や台湾の茶産地を訪ね歩き、そこで住み込みの修行などをして、お茶や焙煎技術を学びました。
焙煎というと、火入れで香ばしく仕入れることを思い浮かべがちですが、こちらの焙煎技術とは、焙煎によって雑味などを飛ばし、飲み手の体にやさしいお茶へ仕上げていくというもの。
一度飲んでいただければ、お茶の焙煎という概念も広がると思うので、是非こちらのブースで体感してみてくださいね。
なお、気仙茶のあれこれについては、中国茶文化協会さんの会報『茶縁』 にまとまっていますので、参考にされてください。

第12回 地球にやさしい中国茶交流会
2016年12月10日・11日(土・日)
東京都立産業貿易センター 台東館

焙茶工房しゃおしゃんさんは、D6ブースに出店予定です♪

関連記事

  1. 品茶イベント「日本の釜炒り茶」
  2. 【12月10日】ワンコイン茶席・テーブル1
  3. 【12月11日】ツーコイン茶席・テーブルD
  4. 茶席 茶席
  5. 【12月10日】ツーコイン茶席・テーブルE
  6. 【ショップ情報】リリーの薔薇園
  7. 【ショップ情報】茶壺天堂
  8. 第12回会場でのお忘れ物について

おすすめ記事

第12回の概要 初めての方へ 地球にやさしい中国茶交流会とは? 浜松町会場 私たちのミッション

ピックアップ記事

  1. 来場者と出店者の交流
  2. 来場者と出店者の交流
PAGE TOP